cho-kai-san811のブログ

10年前には夫婦で元気に鳥海山に登りましたが、現在妻はパーキンソン病にかかり、歩行も困難になってきています。仲間と交流できたら、と思っています。

洗髪の補助

最近、洗面化粧台を新しいものに交換したが、家内がその洗面化粧台を使って洗顔、洗髪する際、上半身を化粧台に正対させることができない(猫背で上半身が左に傾く姿勢)ため、シャワーの水が左肘を伝って洗面台の外に滴下する状態となった。最近気づいたので、過去半年以上、洗髪及び洗顔時、この状態が続いていたことになる。その結果、新しく買った洗面化粧台の下の引き出し及び開きドアの化粧板が水を吸って剥がれ始めた。欠陥商品とまでは言えないが、洗面台の下の材料は滴水を受けても剥がれない材料を使って欲しいものだ。気づいてからは、洗顔、洗髪時私が家内の脇で作業を補助することにした。今朝の実験では、滴水の問題は起らなかった。30分程度付き合わされるだけで、大した問題ではないかもしれないが、介護には細々とした問題が起きるものだと改めて思った次第です。剥がれた化粧板は防水テープを貼って応急処置するつもりです。

ストレス解消の方法

介護は、する方もされる方もストレスがたまりがちです。解消法は双方が同時に解消できる方法を見つけられればそれが一番だと思います。10年以上の昔でしたら山歩きが二人にとって最高のストレス解消法でしたが、今は近郊のドライブとスーパーへの買い物ぐらいしかありません。昨日は、橋本のアリオにゆきました。店内が広く、大勢の買い物客がいるので、それを見物するだけでも気晴らしになります。先々週は、横浜のワールドポーターズにゆきました。最近トイレが近いので、行先は車椅子でも入れる多機能トイレがある場所に限定されます。横浜中華街など、あまり混み合う場所は避けるようにしています。食事は介助が必要なので、口からこぼす恐れの少ない、にぎり鮨とか海苔巻きにして、車の中で食べるようにしています。

携帯電話の使用が困難に

家内は以前は携帯電話(ガラケー)を自由自在に使いこなしていたのですが、最近は、パスワードを忘れたり、自分でセットした機能を元に戻せなくなったりしています。認知症の始まりかとも思うのですが、昔の特定の時期のことは、はっきり記憶していて、私が聞くくらいです。一番困るのはキャッシュカードの暗証番号を忘れることです。自分で定期的に変更するのですが、すぐ忘れてしまい、最近は2回ほど通帳発行支店に赴かざるを得ないことがありました。またドコモショップではお馴染みの顔になり、懇切丁寧に対応してくれます。スマホを勧められることはありません。