cho-kai-san811のブログ

10年前には夫婦で元気に鳥海山に登りましたが、現在妻はパーキンソン病にかかり、歩行も困難になってきています。仲間と交流できたら、と思っています。

リハビリ入院の効果

リハビリ入院してから2週間が過ぎた。最初は入院先で皆さんに迷惑をかけるのではないかと、不安だった。特に自宅では、食事中、食べ物を大量にこぼすので、看護師さんの全介助が必要である旨、入院時にお願いしていた。歩行器は転倒するので使えず、トイレは看護師さんを呼ぶ必要があった。しかし2週間の集中したリハビリのおかげで、なんとなく上半身の姿勢もシャキっとし、食事もあまりこぼさなくなった。リハビリの効果は大きい。ただ自力歩行ができないのに、不意に車椅子から立ち上がったり、ベッドから床に立とうとして転倒したことがあり、その都度、看護師さんにナースコールを入れるよう指示されたのにそれをしなかったので、拘束装置を付けられた。本人はそれが悔しいと言っていたが、自分で蒔いた種なので仕方ない。
先日、土曜日に、パーキンソン病市民公開講座があり、外泊中の家内と参加した。内容は実生活に即したものであり、有意義であった。講師の話は具体的な行動に関することなので、よく理解できた。音楽療法は良いと思う。