cho-kai-san811のブログ

10年前には夫婦で元気に鳥海山に登りましたが、現在妻はパーキンソン病にかかり、歩行も困難になってきています。仲間と交流できたら、と思っています。

食物が喉に詰まる、慌てて受診

今日の夕食時、献立はカレーライスだったが、配膳を終えてまもなく、家内が噎せだした。喉に何か詰まり、呼吸困難の状態になった。私は、背中を摩ると同時に状況をよく観察した。全く呼吸ができないわけではなく、喘ぎ喘ぎ呼吸はなんとか維持できた。直ぐに病院に連れてゆく手配をしようと思ったが、電話帳が見当たらない。実は携帯の電話帳に番号が記載されていたのだが、気が動転すると気がつかない。10年以上前の電話帳があったので、電話番号は変更されていないと確信して救急医療情報センターに電話した。
時間外専門の診療所を紹介され、20時以降が診療時間なので、その時間に合わせて車で向かった。家内の呼吸は喉に違和感があるものの、呼吸は大丈夫だった。約15分で診療所に着き、それほど待たずに受診できた。家内の話では、カレーライスの中の肉を2個拾って口に入れて飲み込んだという。今日の牛肉は大きくて少し硬かったので、喉の一番狭い個所に引っかかったらしい。家内は今まで食事のときに食物が喉に詰まったことはない。しかし高齢なので液体も含めてつまり易いはずだ。医師から、食物は胃袋に落ちたようなので大丈夫ということだった。今晩、発熱等があれば、主治医に診てもらうように指示された。帰宅後、豆腐を中心とした柔らかい和え物を食べさせたが問題はなかった。家内は、若い時から、食べ物の好物があると、直ぐに手づかみで飲み込む癖がある。昨晩の失禁といい、今日の喉つまらせ事件といい、本当に世話の焼ける子供だ。