cho-kai-san811のブログ

10年前には夫婦で元気に鳥海山に登りましたが、現在妻はパーキンソン病にかかり、歩行も困難になってきています。仲間と交流できたら、と思っています。

友人との交流

家内は、自力で行動するのが辛くなると、気分的に引きこもりがちになる。気分転換しないと、PDの治療にも影響すると思うので、できるだけ買い物に連れ出している。しかしマンションの自室から敷地内の駐車場まで歩行器で連れて行って、車に乗せ、スーパーの駐車場で車椅子に移乗させ、売り場を車椅子を押しながら買い物カートを引っ張るのは、喜寿に達した私には結構疲れる作業である。帰りも同じ作業があるので。最近、私の妹夫婦が板橋区から座間市に引っ越してきた。同世代なので話が合うし、妹は社交的なので、家内の話し相手になってくれる。妹夫婦の新居は、私の家から車で30分以内なので、グループホームに入居中の母(99歳)の見舞いにはいつも妹を同行させている。妹は車を処分したので、妹を送り迎えしている。人間は老境に入ると、それなりに悟りの境地になるもので、見えを張らずに本音で話ができるようになるから経験に基づいた楽しい話ができる。