cho-kai-san811のブログ

10年前には夫婦で元気に鳥海山に登りましたが、現在妻はパーキンソン病にかかり、歩行も困難になってきています。仲間と交流できたら、と思っています。

20181022のデイサービス

今日は、デイサービスの出発時、腕時計とメガネが見つからずバタバタしたがそのまま出発した。今日は恒例の買い物ツアーがある日なので、小遣いを持たせる必要があった。家内の希望は、ファミレスで何か食べる予定であった。したがって小遣いは1000円もあれば良いのだが、4000円必要という。家内は何でも直ぐに紛失してしまうので、私が2000円もあれば良い、といったところ、今日のデーサービスはやめた、という。まるで幼児の振る舞いである。私は、迎えに来たヘルパーさんに事情を話して今日のデイサービスは中止にする、といったところ、家内も正気に返って素直に出発した。毎日こんなことが続くのだが、天真爛漫な行動なので、我慢できている。
昔、その昔、昭和38年3月、私たちは山口県で結婚した。その後、昭和40年から3年間、私たち家族は、福岡県の築上郡椎田町に住んでいた。子供は長女が昭和39年生まれで、長男はまだ生まれてなかった。家内は、実家が山口県で一人娘だった。事情があって、私は単身赴任中で、昭和40年3月まで、家内は家内の実家で生活していた。したがって長女は家内の実家で生まれた。その後、昭和41年に長男が生まれると義母(妻の母)は長女を実家に同居させて欲しいと言ってきた。そのとき家内は23歳であった。義母はそのとき62歳で、高齢で寂しいからという。家内は、当然子供は自分で育てる意思が強かったので、断りの手紙を何度も何度も書いたのを私は脇で見ていた。物心つかない子供を実家とは言え他人に預けるのは、家内にとって断腸の思いであった。私は仕事柄、転勤が多く、いつ何時、家族が家内の実家にお世話になるかもしれず、中途半端な気持ちで意思をはっきりさせなかった。それは今でも罪と思っている。